酵素の多い食品食べ物の効果

生命活動の一つとしてビタミンやミネラルと同様に注目を浴びた酵素。体にとって食品から取り入れる酵素は本当に効果的なのかという点を探ります。

発酵食品に多く含まれる酵素

まず、酵素が多く含まれる食品に発酵食品があります。発酵というと思いつくものはありますか?例えば納豆。納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれています。この酵素は名前のままですが納豆からしか摂ることのできない酵素。

キュウリやたくあんなどの漬物、発酵食品もそれぞれ酵素が含まれていると言われています。酵素は熱に弱いと良く言われますが38度以上になると壊れていく酵素がとても多いため生野菜を熱で炒めることにより酵素はほぼ死滅します。

漬物のよいところは熱を加えず発酵する点。実は酵素だけではなくビタミンC,B1等々のビタミン類も漬物であれば摂る事が出来る。

酵素はビタミン的と覚えておくと、食事の時にしっかり取ることが出来るかもしれませんね。

酵素を含む食品・食べ物ランキング

勝手にランキングです。(笑)酵素を多く含む食品はやはり先ほどの発酵食品が一位。 2位以降の順位付けは非常に難しく悩んだのですが、野菜の中から「大根」を2位にさせて頂きました。酵素を多く含む食品というか、食べ物ととして日常にうまく溶け込む、無意識にでも摂取しやすいという観点から「大根」です。

大根はジアスターゼという消化酵素が含まれています。大根の食べ方として好きなのは大根おろしにし、先ほどの納豆と青ネギの刻みを一緒に混ぜ混ぜし食べる。大根おろしなら色んな食べ物の脇役に添えることが出来ますからね。非常に有効だと思います。 また、お味噌汁も一緒に飲めると良いですね。結局、伝統的な日本食は健康的ですよね。

あと、豆知識ですがタコを大根で叩いたり一緒に煮ると柔らかくなるというのも有名です。これはジアスターゼの効果です。

やはりジアスターゼも熱には強くないのでこういった使い方はありですね。

基本的に熱を加えないで酵素が含まれている食品って結構あって、果物だとキウイ、バナナ、パパイヤなどにも含まれています。フルーツに関しては南国の果物は体を冷やす効果もあるので夏はいいかもですが冬は避けたほうが良いかも。パパイン酵素などは酵素名としてはとても有名な酵素ですね。

ダイエットをするなら酵素サプリメント?

消化酵素が働くことにより痩せるというのは若干飛躍しているといいますか誤解を招く可能性があります。酵素を摂取するだけで痩せるなら酵素が多く含まれる食べ物を沢山食べても痩せるはずです。実際に既に話した納豆などの日本食中心は痩せ体質を作る食事だとは思いますが、日本人はお米が好きですからね。お米は炭水化物の塊ですからダイエットの天敵です。これを玄米等食物繊維の多いものに変え日本食を毎日摂っていれば太らない体質は手に入れられると思います。もちろん、間食とかはしない方向で。

食生活の見直しをはかることが一番ですが、ダイエットを本格的にするなら酵素サプリメントの活用は必須。

やはり熱に弱い酵素を色んな種類とるのは至難の業ですから酵素サプリメントダイエットランキングなどを参考にして普段に酵素をプラスしてみるのが良いでしょう。